文化・芸術

2004.01.29

夜会 2004 VOL.13 24時着 0時発

夜会の楽日に行ってきました。本当にみゆきさんは綺麗でした。

これで夜会も今回のはすべて終了かと思うとなんとも言い難い寂しさを感じます。

今年の夜会の大きなテーマは『命のバトンを繋ぐ』という事なのでしょうか。それは大きな大きなテーマであり、とても難しい事だと思います。みゆきさんはなぜそのテーマを選んだのかな。

舞台上のみゆきさんの素敵な姿を見てるだけで、私の場合は、ウルウルしてきましたので、この舞台の持つ意味などを考えるのはあまり意味がないのかもしれません。

夜会を見た全ての方が、それぞれに捉えた事がそれぞれに意味がある、私はそう思いますし、きっとみゆきさんもそういうふうに考えていると思います。

それでも、人は考えるし何かを受け取りたいと思うものです。しかし、私は今年の夜会から何を受け取ったのか、それは言葉にするものでは無いような感じすら持ってしまいました。

ただ一言でいうならそれは『生きていく』という重い、そしてとても大事なものなのだということです。

この世に生を受けたら

  とにかく生きていかなければいけない

という強いメッセージをみゆきさんからもらった気がしてあらためて生きていこうと思いました。そしてその事がとても嬉しく思えました。

本当に取り止めも無い話になってしまいますが、そこは夜会、これできっといいのでしょうね(^_-)

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2004.01.07

夜会 2004 VOL.13 24時着 0時発

 残念ながら初日には間に合いませんでしたけど、なんとか四日に行く事が出来ました。とてもとても素晴らしい出来ばえでした。最終日も行く予定です。

その間にいろいろと今回の夜会を自分なりに消化しておきたいと思いました。

 今は一生懸命プログラムを読んでいる最中です。その間にも夜会の一場面が刻々と頭の中を駆け巡ります。この瞬間が楽しくてしょうがないのです。

 今はとりあえず消化不良の部分を片づけようと必死です。夜会が続く限り、こんな日々があるのかと思うと本当に嬉しい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)